2006年09月15日

合格体験記

合格体験記



中学受験


ひらめき「頭のよい子が育つ家」ひらめき






 頭のよい子は、「立派な子ども部屋」の中では育たない! 難関中学合格者は、みんな、ダイニングテーブルやちゃぶ台で勉強していた!
 住宅コンサルタントが受験生を子どもに持つ数百の家庭をリサーチして浮かび上がった「頭のよい子が育つ家」の法則は、あっと驚く意外なものでした。
 子どもの家庭教育で一番必要なのは、立派な個室よりも、家族との豊富なコミュニケーション。豊かなコミュニケーションを通じ、「言葉」という脳のOSを整えてはじめて、子どもはさまざまな勉強ができるようになるのです。
 本書では、栄光学園中学 開成中学 慶応義塾中等部 麻布中学 フェリス女学院中学 筑波大駒場付属中学 桜蔭中学 早稲田実業学校中等部 武蔵中学 女子学院中学 筑波大学付属中学の全11の首都圏最難関中学の受験に成功した、各「頭のよい子が育つ家」の秘密を、イラストと文章で、わかりやすく提案します。そのうえで、みなさんの家を「頭のよい子が育つ家」に変える10の法則を提示し、建築学から見た改善ポイントを指摘します。一軒家でもマンションでも社宅でもアパートでも、工夫次第で、あなたの家を「頭のよい子が育つ家」に変身できるのです。
 本書は、子どもが家族と仲良くコミュニケーションをとりながら進んで勉強したくなるような環境をおうちの中につくってあげる、家庭教育書籍の分野で例を見ない「目からウロコ」の新しい常識をお届けする本です。













受験合格への近道は、まず、情報収集から!
あなたの志望校を入力して、受験本を探しましょう!
























posted by 中学受験 at 14:56| 合格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする